ホーム » 投稿 » 33-157 日本人の食事摂取基準(2015年版)を用いた集団における食事摂取量の評価とその方法の組合せである。

33-157 日本人の食事摂取基準(2015年版)を用いた集団における食事摂取量の評価とその方法の組合せである。

スポンサーリンク


33-157 日本人の食事摂取基準(2015年版)を用いた集団における食事摂取量の評価とその方法の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)エネルギー過剰摂取の評価
――推定エネルギー必要量(EER)を超えて摂取している人の割合
(2)エネルギー摂取不足の評価
――BMIの平均値と目標とするBMIの範囲の下限値との差
(3)栄養素の摂取不足の評価
――目安量(AI)を下回る人の割合
(4)栄養素の過剰摂取の評価
――推奨量(RDA)を上回る人の割合
(5)生活習慣病の予防を目的とした評価
――目標量(DG)の範囲を逸脱する人の割合

解答・解説を見る
(1)エネルギー過剰摂取の評価は、BMIの分布から目標とするBMIに範囲を上回っているものの割合を求める。

(2)エネルギー摂取不足の評価は、BMIの分布から目標とするBMIに範囲を下回っているものの割合を求める。

(3)栄養素の摂取不足の評価は、その栄養素の摂取量の分布とその栄養素の推定平均必要量を比較し、推定平均必要量(EAR)を下回るものの割合を算出する。

また、目安量(AI)を用いる場合は摂取量の中央値と目安量(AI)を比較する。

(4)栄養素の過剰摂取の評価は、その栄養素の摂取量の分布と耐容上限量(UL)より、過剰摂取の可能性があるものの割合を求める。

(5)生活習慣病の予防を目的とした評価は、目標量(DG)の範囲を逸脱する人の割合を用いるので正しい。

スポンサーリンク


コメント

関連記事