ホーム » 投稿 » 33-155 K市において、50歳代女性1,000人を対象とした個人の習慣的なカルシウム摂取量を把握するために、食事調査を行いたい。

33-155 K市において、50歳代女性1,000人を対象とした個人の習慣的なカルシウム摂取量を把握するために、食事調査を行いたい。

スポンサーリンク


33-155 K市において、50歳代女性1,000人を対象とした個人の習慣的なカルシウム摂取量を把握するために、食事調査を行いたい。この調査法として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)食事記録法(秤量法)
(2)24時間食事思い出し法
(3)半定量式食物摂取頻度調査法
(4)陰膳法

解答・解説を見る
(1)食事記録法(秤量法)は、指定の期間に摂取した食物を計量し記録する方法である。(期間は3日間程度であることが多い。)

食事調査の最も基本的な方法ではあるが、対象者への負担と調査人数の多さを考慮すると、最も適切とは言えない。

(2)24時間食事思い出し法は、調査者が対象者に対して面談若しくは電話で24時間の食事内容を聞き取る方法である。

集団の習慣的な摂取量を知るのに適した方法ではあるが、調査には訓練された調査者が必要であり、対象者の記憶力や摂取した食物を把握するの能力も必要である。

(3)半分定量式食物摂取頻度調査法は、食物の摂取頻度と摂取量を質問票で問い得たデータから栄養素の摂取量を求める調査法である。食事記録法や陰膳法よりも摂取している栄養素の精度は劣るが、対象者への負担も比較的少なく大人数の調査に適している。

(4)陰膳法は、対象者の摂取した食物と同じものをもう1つ用意し、それに含まれる栄養素を分析するものである。

他の調査表に比べて、食事を用意する費用や手間がかかることなどから大規模な調査には適さない。

スポンサーリンク


コメント

関連記事