ホーム » 投稿 » 31-116 医療と臨床栄養に関する記述である。

31-116 医療と臨床栄養に関する記述である。

スポンサーリンク


31-116 医療と臨床栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)クリニカルパスにより、チーム医療は不要になる。
(2)リスクマネジメントは、リスクの特定が含まれる。
(3)ノーマリゼーションは、患者の重症度を判別することである。
(4)アドヒアランスは、障害者への栄養介入を実施することである。
(5)セカンドオピニオンは、患者が栄養食事指導を受ける権利である。

解答・解説を見る

(1)クリニカルパスによって、チーム医療が不要になることはない。クリニカルパスとは、患者の治療計画などを記したもので、職種間での情報共有に役立つことからチーム医療を進める上で重要である。

(2)リスクマネジメントは、リスクの特定が含まれる。

(3)ノーマリゼーションは、障害の有無に関わらず誰もが通常の生活を送ることを目指す理念。 

 患者の重症度判別は、トリアージであり、重症度を判別し治療の優先度を決定する。

(4)アドヒアランスとは、患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けること。(引用:日本薬学会「アドヒアランス」より)

(5)セカンドオピニオンは、患者が主治医以外の医師からの意見を求めること。

スポンサーリンク


関連記事