28-133 脂質異常症の栄養管理に関する記述である。


スポンサーリンク


28-133 脂質異常症の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 高トリグリセリド血症では、n-3系多価不飽和脂肪酸を制限する。
(2) 高トリグリセリド血症では、水溶性食物繊維を制限する。
(3) 高カイロミクロン(キロミクロン)血症では、脂肪エネルギー比率を15%以下にする。
(4) 高LDL-コレステロール血症では,コレステロール摂取を750mg/日以下にする。
(5) 低HDL-コレステロール血症では、トランス脂肪酸摂取を多くする。

解答・解説を見る
(1) 高トリグリセリド血症では、n-3系多価不飽和脂肪酸は積極的に摂取する。

(2) 高トリグリセリド血症では、水溶性食物繊維を制限せず、十分に摂取する。

(3) 高カイロミクロン(キロミクロン)血症では、脂肪エネルギー比率を15%以下にする。

(4) 高LDL-コレステロール血症では,コレステロール摂取を200mg/日以下にする。

(5) 低HDL-コレステロール血症では、トランス脂肪酸摂取は制限がある。


お問い合わせはこちら