27-85 脂溶性ビタミンに関する記述である。


スポンサーリンク


27-85 脂溶性ビタミンに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 脂溶性ビタミンは、水溶性ビタミンに比べて体内に蓄積しやすい。
(2) β-カロテンの大量摂取は、胎児奇形のリスクを高める。
(3) ビタミンDは、生体膜におけるフリーラジカルの生成を防止する。
(4) ビタミンEは、血液凝固因子の産生に必要である。
(5) ビタミンKは、欠乏すると溶血性貧血をきたす。

解答・解説を見る
(1) 脂溶性ビタミンは、水溶性ビタミンに比べて体内に蓄積しやすい。

(2) ビタミンAの大量摂取は、胎児奇形のリスクを高める。

(3) ビタミンEは、生体膜におけるフリーラジカルの生成を防止する。

(4) ビタミンKは、血液凝固因子の産生に必要である。

(5) ビタミンEは、欠乏すると溶血性貧血をきたす。


お問い合わせはこちら