病院実習で学んだこと「事故を未然に防ぐチェック体制」(坂さん)



病院実習で学んだこと


投稿者:坂さん
実習先:総合医療センター

病院実習では、350床の総合病院での栄養管理について学びました。

給食部門では患者さんに提供される食事や、調乳などの調理も担当しましたが、特に気をつけなければならないと学んだことは事故を未然に防ぐためチェック体制です。

安全、安心が第一の病院給食では、アレルギー対応食や特別食などの配膳間違いや、髪の毛やほこり一つの異物混入などでも食事への信用が大きく落ちてしまいます。

人間ひとりの面ではどうしてもミスを犯したり、ミスに気づかないこともあるものですが、2人や3人でチームとなり、チェックの包囲網を張り巡らすことによって、インシデントアクシデントを未然に防いでいるのだと気付きました。

 


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント