コンテンツへスキップ

34-公衆栄養学

34-137 公衆栄養活動に関する記述である。

    34-137 公衆栄養活動に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。 (1)生活習慣病の重症化予防を担う。 (2)医療機関で栄養管理がなされている患者は対象としない。 (3)ヘルスプロモーションの考え方を重視する。 (4)ポピュレーションアプローチを重視する。 (5)住民参加による活動… 続きを読む »34-137 公衆栄養活動に関する記述である。

    34-138 最近の国民健康・栄養調査結果に関する記述である。

      34-138 最近の国民健康・栄養調査結果に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。 (1)低栄養傾向(BMI 20 kg/m2 以下)の高齢者の割合は、男性より女性で高い。 (2)20 歳代の脂肪エネルギー比率の平均値は、女性より男性で高い。 (3)食塩摂取量の平均値は、20 歳以上の女… 続きを読む »34-138 最近の国民健康・栄養調査結果に関する記述である。

      34-139 わが国の食料自給率に関する記述である。

        34-139 わが国の食料自給率に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)フードバランスシート(食料需給表)の結果を用いて算出されている。 (2)食品安全委員会によって算出・公表されている。 (3)品目別自給率は、食料の価格を用いて算出されている。 (4)最近 10 年間のカロ… 続きを読む »34-139 わが国の食料自給率に関する記述である。

        34-140 世界の健康・栄養問題に関する記述である。

          34-140 世界の健康・栄養問題に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)先進国では、NCD による死亡数は減少している。 (2)障害調整生存年数(DALYs)は、地域間格差は認められない。 (3)栄養不良の二重負荷(double burden of malnutrition… 続きを読む »34-140 世界の健康・栄養問題に関する記述である。

          34-142 健康増進法に定められている事項である。

            34-142 健康増進法に定められている事項である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。 (1)食品表示基準の策定 (2)幼児の健康診査の実施 (3)特別用途表示の許可 (4)学校給食栄養管理者の配置 (5)保健所の設置

            34-143 わが国の食育推進に関する記述である。

              34-143 わが国の食育推進に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。 (1)食育基本法は、栄養教諭の配置を規定している。 (2)食育推進会議は、内閣府に設置されている。 (3)食育推進基本計画の実施期間は、10 年である。 (4)市町村は、食育推進計画を策定しなければならない。 (5)… 続きを読む »34-143 わが国の食育推進に関する記述である。

              34-144 栄養士法に関する記述である。

                34-144 栄養士法に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。 (1)管理栄養士名簿は、都道府県に備えられている。 (2)食事摂取基準の策定について定めている。 (3)栄養指導員の任命について定めている。 (4)管理栄養士の名称の使用制限について定めている。 (5)特定保健指導の実施につ… 続きを読む »34-144 栄養士法に関する記述である。

                34-145 国民健康・栄養調査の方法に関する記述である。

                  34-145 国民健康・栄養調査の方法に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。 (1)調査の企画立案は、各都道府県が行う。 (2)調査世帯の指定は、厚生労働大臣が行う。 (3)栄養摂取状況調査には、食物摂取頻度調査法を用いている。 (4)栄養摂取状況調査の対象者は、 1 歳以上である。 … 続きを読む »34-145 国民健康・栄養調査の方法に関する記述である。

                  34-146 公衆栄養活動に関係する国際的な施策とその組織の組合せである。

                    34-146 公衆栄養活動に関係する国際的な施策とその組織の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)持続可能な開発目標(SDGs)の策定・・・ 国連児童基金(UNICEF) (2)母乳育児を成功させるための 10 か条の策定・・・ 国連食糧農業機関(FAO) (3)難民キャンプへの… 続きを読む »34-146 公衆栄養活動に関係する国際的な施策とその組織の組合せである。

                    34-147 食事調査における摂取量の変動に関する記述である。

                      34-147 食事調査における摂取量の変動に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)摂取量の分布の幅は、 1 日調査と比べて、複数日の調査では大きくなる。 (2)標本調査で調査人数を多くすると、個人内変動は小さくなる。 (3)個人内変動の一つに、日間変動がある。 (4)変動係数… 続きを読む »34-147 食事調査における摂取量の変動に関する記述である。

                      34-148 栄養素等摂取量の測定方法に関する記述である。

                        34-148 栄養素等摂取量の測定方法に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)食物摂取頻度調査法では、目安量食事記録法に比べ、調査員の熟練を必要とする。 (2)秤量食事記録法は、他の食事調査法の精度を評価する際の基準に用いられる。 (3)食物摂取頻度調査法の質問票の再現性は、… 続きを読む »34-148 栄養素等摂取量の測定方法に関する記述である。

                        34-149 公衆栄養マネジメントに関する記述である。

                          34-149 公衆栄養マネジメントに関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。 (1)公衆栄養活動は、PDCA サイクルに従って進める。 (2)活動計画の策定段階では、住民参加を求めない。 (3)アセスメントでは、既存資料の有効活用を図る。 (4)目標値は、改善可能性を考慮して設定する。… 続きを読む »34-149 公衆栄養マネジメントに関する記述である。

                          34-150 日本人の食事摂取基準(2015 年版)を活用して、成人集団の食事改善計画を立案する際の目標設定である。

                            34-150 日本人の食事摂取基準(2015 年版)を活用して、成人集団の食事改善計画を立案する際の目標設定である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)目標とする BMI の範囲にある者の割合を増やす。 (2)エネルギー摂取量の平均値を、推定エネルギー必要量付近にする。 (3)栄養素摂取量の… 続きを読む »34-150 日本人の食事摂取基準(2015 年版)を活用して、成人集団の食事改善計画を立案する際の目標設定である。