コンテンツへスキップ

34-148 栄養素等摂取量の測定方法に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-148 栄養素等摂取量の測定方法に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)食物摂取頻度調査法では、目安量食事記録法に比べ、調査員の熟練を必要とする。

    (2)秤量食事記録法は、他の食事調査法の精度を評価する際の基準に用いられる。

    (3)食物摂取頻度調査法の質問票の再現性は、生体指標(バイオマーカー)と比較して検討される。

    (4)24 時間食事思い出し法は、高齢者に適した調査法である。

    (5)陰膳法による調査結果は、食品成分表の精度の影響を受ける。

    解答・解説を見る
    (1)食物摂取頻度調査法では、目安量食事記録法に比べ、調査員の熟練が必要ではない。

    食物摂取頻度調査法では、ある期間における食品の摂取頻度を調査するものである。食物摂取頻度質問票(FFQ)という質問票があり、それにそって回答していく形であることから対象者の負担が比較的少ない。

    また、データの入力や解析も比較的容易であり、調査員の熟練はあまり必要ではない。

    (2)秤量食事記録法は、他の食事調査法の精度を評価する際の基準に用いられる。

    (3)食物摂取頻度調査法の質問票の再現性は、食物摂取頻度調査法による再調査の結果と比較して検討される。

    また、食物摂取頻度調査法の質問票の妥当性は、秤量食事記録法と比較して検討される。

    再現性…その調査の結果が1回目と2回目でどの程度一致しているか

    妥当性…その調査がどの程度的確にデータを得ることができているか。

    (4)24 時間食事思い出し法は、高齢者に適さない調査法である。

    24時間食事思い出し法は、調査員が対象者に対して過去24時間に食べたものを問診し、目安量を確認した後、食品成分表をもちいて栄養素摂取量を求めるものである。

    対象者の記憶能力を必要とすることから、高齢者には適さない。

    (5)陰膳法による調査結果は、食品成分表の精度の影響を受けない。

    陰膳法は、対象者が摂取した食べ物と同じものを用意し、それを化学分析することによって栄養素摂取量を求めるものである。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事