34-149 公衆栄養マネジメントに関する記述である。


34-149 公衆栄養マネジメントに関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

(1)公衆栄養活動は、PDCA サイクルに従って進める。

(2)活動計画の策定段階では、住民参加を求めない。

(3)アセスメントでは、既存資料の有効活用を図る。

(4)目標値は、改善可能性を考慮して設定する。

(5)評価では、投入した資源に対する効果を検討する。

解答・解説を見る
(1)公衆栄養活動は、PDCA サイクルに従って進める。

PDCAサイクルは、Plan(計画)、Do(実施)、Check(検証)、Act(改善)からなるマネジメントサイクルである。

(2)活動計画の策定段階から、住民の参加を求める。

公衆栄養プログラムの活動計画の策定段階から住民参加を求め、パートナーとして住民が自ら参加することで具体的な問題をみつけ、行動変容につなげていくことが重要である。

(3)アセスメントでは、既存資料の有効活用を図る。

(4)目標値は、改善可能性を考慮して設定する。

(5)評価では、投入した資源に対する効果を検討する。

公衆栄養プログラムの効果を検討する手法として、費用効果分析や費用効用分析がある。

費用効果分析・・・複数の公衆栄養プログラムにおいて単位ごとの効果を得るためにどれほどの費用が必要であったかを評価する。

費用効用分析・・・公衆栄養プログラムの実施に費やした金額と、プログラムの結果得られた効果の金額を評価する。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント