コンテンツへスキップ

29-193,194 21歳、男性、事務職。入社時健診で血清総コレステロールの高値を指摘されて来院した。

    スポンサーリンク


    次の文を読み「193」、「194」に答えよ。
    21歳、男性、事務職。入社時健診で血清総コレステロールの高値を指摘されて来院した。父親が高LDL-コレステロール血症と狭心症で治療中であり、兄は心筋梗塞で突然死している。

    身長170cm、体重66kg、ウエスト周囲長82cm、血圧132/80mmHg。両側のアキレス腱の肥厚を認める。空腹時の血液検査値は、総コレステロール364mg/dL、HDL-コレステロール54mg/dL、トリグリセリド110mg/dL、血糖102mg/dL、HbA1c 5.5%。肝、腎、および甲状腺機能は正常。


    29-193 この症例の病態に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
    (1)糖尿病型である。
    (2)メタボリックシンドロームである。
    (3)血清LDL-コレステロール値は、200mg/dLと算出される。
    (4)LDL受容体の異常が考えられる。
    (5)本態性高血圧である。


    29-194 この症例の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
    (1)たんぱく質の摂取量は、0.6g/kg標準体重/日とする。
    (2)脂肪の摂取エネルギー比率は、15%とする。
    (3)飽和脂肪酸の摂取エネルギー比率は、7%以上とする。
    (4)コレステロールの摂取量は、200mg/日未満とする。
    (5)アルコールの摂取量は、エタノール換算で40g/日とする。

    解答・解説を見る
    29-193 この症例の病態に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
    (1)糖尿病型ではない
    HbA1cや血糖などから判断する。

    (2)メタボリックシンドロームではない。
    メタボの診断基準として、まず腹囲があるが、男性の場合の「ウエスト85cm以上」は下回っているためメタボではない。

    (3)血清LDL-コレステロール値は、288mg/dLと算出される。
    LDLコレステロール=総コレステロール-HDLコレステロール-中性脂肪÷5

    (4)LDL受容体の異常が考えられる。

    (5)本態性高血圧ではない。


    29-194 この症例の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)たんぱく質の摂取量は、1.0~1.1g/kg標準体重/日とする。

    (2)脂肪の摂取エネルギー比率は、20~25%とする。

    (3)飽和脂肪酸の摂取エネルギー比率は、7%未満とする。

    (4)コレステロールの摂取量は、200mg/日未満とする。

    (5)アルコールの摂取量は、エタノール換算で25g/日とする。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事