ホーム » 投稿 » 26-115 高校の健康診断の結果、摂食障害と食行動異常が疑われた女子に対する栄養カウンセリング

26-115 高校の健康診断の結果、摂食障害と食行動異常が疑われた女子に対する栄養カウンセリング

スポンサーリンク


26-115 高校の健康診断の結果、摂食障害と食行動異常が疑われた女子に対する栄養カウンセリングに関する記述である。対象者の行動分析として、正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 痩せた体型でいたい、という対象者の気持ちに理解を示す。
(2) 適正体重の維持が、健康のために重要であると説明する。
(3) 当面目標とする体重を設定し、1日の摂取エネルギー量を指示する。
(4) どのような時に、隠れ食いや嘔吐をしたくなるのか、たずねる。
(5) 排出行為としての嘔吐は、身体によくないと教える。


摂食障害に対する栄養カウンセリングで重要なことは、「まず対象者の状況を確認すること」である。
この(1)~(5)の中で対象者の状況について聞いているのは(4)である。
(1) 痩せた体型でいたい、という対象者の気持ちに理解を示す。…『理解』
(2) 適正体重の維持が、健康のために重要であると説明する。…『情報の提供』
(3) 当面目標とする体重を設定し、1日の摂取エネルギー量を指示する。…『情報の提供』
〇(4) どのような時に、隠れ食いや嘔吐をしたくなるのか、たずねる。…『状況の確認』
(5) 排出行為としての嘔吐は、身体によくないと教える。…『情報の提供』

スポンサーリンク


関連記事