ホーム » 投稿 » 25-2 厚生労働省は、平成22年4月に米中のカドミウムの成分規格を「玄米及び精米中に0.4mg/kg以下」と改正した。

25-2 厚生労働省は、平成22年4月に米中のカドミウムの成分規格を「玄米及び精米中に0.4mg/kg以下」と改正した。

スポンサーリンク


25-2 厚生労働省は、平成22年4月に米中のカドミウムの成分規格を「玄米及び精米中に0.4mg/kg以下」と改正した。その根拠となった健康障害である。正しいのはどれか。
(1) 肝機能障害
(2) 腎機能障害
(3) 造血器障害
(4) 中枢神経障害
(5) 末梢神経障害

解答・解説を見る

(1) 肝機能障害
 <公害-カネミ油症事件>
 1968年に、PCBなどが混入した食用油によってカネミ油症事件が発生した。主な症状は肝機能障害や手足のしびれ、肌の異常、頭痛などである。

(2) 腎機能障害

 <公害-イタイイタイ病>
 1955年には、富山県神通川流域でカドミウムによるイタイイタイ病が発生した。主な症状は腎機能障害、骨軟化症などによる運動機能障害である。腎及び尿細管の機能の低下によりタンパク質、糖、カルシウム、リンなどの再吸収が阻害され、骨軟化症となる。

(3) 造血器障害
 <造血器障害を引き起こす化学物質>
 ・鉛及びその化合物(四アルキル鉛化合物を除く。)
 ・エチレングリコールモノメチルエーテル
 ・酸化エチレン
 ・ベンゼン など

(4) 中枢神経障害
 <公害-水俣病>
 1956年5月、熊本県水俣市の水俣工場の排液によって、メチル水銀が川へ流れた。メチル水銀が食物連鎖によって魚介類などで濃縮され、それを摂取した人に被害が発生した。主な症状は、運動失調、四肢末端の感覚障害、求心性視野狭窄、中枢性聴力障害を主要な症状など、中枢神経系の疾患であった。
 また、同様な事例が1965年5月、新潟県阿賀野川流域でも発生。

(5) 末梢神経障害
 <末梢神経障害を引き起こす化学物質>
 ・タリウム
 ・鉛
 ・二硫化炭素
 ・アクリルアミド  など

スポンサーリンク


関連記事