25-15 医療制度に関する記述である。


スポンサーリンク

25-15 医療制度に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) 医療保険は、現金給付が原則である。
(2) 全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)は、大企業の被用者を対象とする。
(3) 有床の診療所数は、無床の診療所数より多い。
(4) 医薬分業には、患者安全対策上の効果はない。
(5) 国民医療費には、正常な妊娠や分娩に要する費用は含まれていない。

解答・解説を見る

(1) 医療保険は、現物給付が原則である。

(2) 全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)は、小企業の被用者を対象とする。

(3) 有床の診療所数は、無床の診療所数より少ない。

(4) 医薬分業には、患者安全対策上の効果がある。

(5) 国民医療費には、正常な妊娠や分娩に要する費用は含まれていない。

問題・解説についてのお問い合わせ