コンテンツへスキップ

追試25-14 入院に同意しない精神障害者の入院形態に関する記述である。

    スポンサーリンク


    追試25-14 入院に同意しない精神障害者の入院形態に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

    a 72時間に限って任意入院が行われた。

    b 保護者の同意をもとに医療保護入院が行われた。

    c 自傷他害の恐れがあったので緊急措置入院が行われた。

    d 精神科病院の管理者の職権によって緊急措置入院が行われた。

    (1) aとb (2) aとc (3) aとd (4) bとc (5) cとd

    解答・解説を見る
    a 72時間に限って緊急措置入院が行われた。
    任意入院は、本人の同意のもとでの入院であり、入院期間の制限はない。

    b 保護者の同意をもとに医療保護入院が行われた。

    c 自傷他害の恐れがあったので緊急措置入院が行われた。
    緊急措置入院は、急速な入院の必要性があることが条件で、入院期間は72時間以内に制限される。

    d 都道府県知事の職権によって緊急措置入院が行われた。
    緊急措置入院は、指定医の診察を踏まえて、都道府県知事が決定する。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事