ホーム » 投稿 » 追試25-10 行動と疾病リスクの組合せである。

追試25-10 行動と疾病リスクの組合せである。

スポンサーリンク


追試25-10 行動と疾病リスクの組合せである。正しいのはどれか。

(1) コンドームを使用しない性行為 ――――――――― 急性心筋梗塞

(2) 複数人が用いた注射器による麻薬の使用 ――――― クラミジア感染

(3) 喫煙 ――――――――――――――――――――― 肺がん

(4) 睡眠薬への依存 ―――――――――――――――― HIV感染

(5) タイプAの行動パターン ―――――――――――― 食道がん

解答・解説を見る
(1) コンドームを使用しない性行為 ————– クラミジア感染、HIV感染

性器クラミジア感染症は、日本で最も多い性感染症であり、予防にはコンドームの使用が有効である。

(2) 複数人が用いた注射器による麻薬の使用 —- HIV感染

HIV感染者が使用した注射を用いて、別の者が注射を行った場合、HIV感染のリスクとなる。

また、最も多いHIV感染経路は、同性間の性的接触である。

(3) 喫煙 ——————————————— 肺がん

喫煙は、肺がんをはじめとする各種のがんや高血圧など、様々な疾病のリスクとなる。

(4) 睡眠薬への依存 ——————————— 睡眠薬依存症による不眠、不安、頭痛など

(5) タイプA行動パターン ————————- 急性心筋梗塞

タイプA行動パターンとは、「せっかちである」・「競争心が強い」などの行動パターンのことであり、虚血性心疾患のリスク因子であると考えられている。

スポンサーリンク


コメント