追試25-4 潜水作業を行う際、加圧時に視覚、聴覚、判断力等が狂い、酔ったような症状を呈し、減圧時に毛細血管に塞栓症を引き起こす可能性が高い空気中の気体である。


スポンサーリンク


追試25-4 潜水作業を行う際、加圧時に視覚、聴覚、判断力等が狂い、酔ったような症状を呈し、減圧時に毛細血管に塞栓症を引き起こす可能性が高い空気中の気体である。正しいのはどれか。

(1)アルゴン
(2)オゾン
(3)酸素
(4)窒素
(5)二酸化炭素

解答・解説を見る
(1)アルゴン

(2)オゾン

(3)酸素

(4)窒素

潜水作業を行う際、加圧時に視覚、聴覚、判断力等が狂い、酔ったような症状を呈し、減圧時に毛細血管に塞栓症を引き起こす可能性が高い空気中の気体は、窒素である。

・高圧環境下では、窒素は血液中や組織中に溶けた状態で存在するが、減圧によって気泡となり毛細血管に塞栓症を起こす可能性がある。

・加圧時に酔ったような症状を呈することは、「窒素酔い」とも言われる。

(5)二酸化炭素


お問い合わせはこちら



コメント