コンテンツへスキップ

38-16 学校保健に関する記述である。

    スポンサーリンク


    38-16 学校保健に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

    ⑴ 教職員は、対象に含まれない。

    ⑵ 学校医が、上水道やプールなどの定期的な環境衛生検査を行う。

    ⑶ 学校保健委員会は、教育委員会に設置される。

    ⑷ 定期健康診断の項目に、栄養状態が含まれる。

    ⑸ 学校設置者が、学校感染症による出席停止の指示を行う。

    厚生労働省. 『第38回管理栄養士国家試験の問題(午前の部)』(2024) . https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/001218343.pdf, (2024年3月4日閲覧)

    解答・解説を見る

     

    ⑴ 教職員も、対象に〔含まれる〕。

    学校保健安全法においても、教職員も対象に含むことが明記されている。

    「学校における児童生徒等及び職員の健康の保持増進を図るため、学校における保健管理に関し必要な事項を定めるとともに、学校における教育活動が安全な環境において実施され、児童生徒等の安全の確保が図られるよう、学校における安全管理に関し必要な事項を定め、もつて学校教育の円滑な実施とその成果の確保に資することを目的とする。」(学校保健安全法 第一条)

    ⑵ 〔学校薬剤師〕が、上水道やプールなどの定期的な環境衛生検査を行う。

    ⑶ 学校保健委員会は、〔学校ごと〕に設置される。

    ⑷ 定期健康診断の項目に、栄養状態が含まれる。

    ⑸ 〔校長〕が、学校感染症による出席停止の指示を行う。

     

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事