ホーム » 投稿 » 36-35 呼吸器疾患に関する記述である。

36-35 呼吸器疾患に関する記述である。

スポンサーリンク


36-35 呼吸器疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 肺がんは、女性に多い。

⑵ 気管支喘息は、閉塞性肺障害を呈する。

⑶ COPD の病期は、X線所見で分類する。

⑷ アスペルギルス肺炎は、ウイルスが原因である。

⑸ ツベルクリン反応は、肺がんの検査である。

解答・解説を見る

 

⑴ 肺がんは、男性に多い。

⑵ 気管支喘息は、閉塞性肺障害を呈する。

⑶ COPD の病期は、スパイロメータを用いた肺機能検査によって分類する。

⑷ アスペルギルス肺炎は、真菌が原因である。

⑸ ツベルクリン反応は、結核の感染の有無を調べるものである。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事