33-17 学校保健に関する記述である。


スポンサーリンク

33-17 学校保健に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)学校保健活動の統括責任者は、保健主事である。
(2)就学時の健康診断の実施主体者は、学校である。
(3)小学校の健康診断で被患率が最も高いのは、裸眼視力1.0未満である。
(4)心電図検査は、2年に1度実施される。
(5)麻しんによる出席停止期間は、解熱後3日を経過するまでである。

解答・解説を見る
(1)学校保健活動の統括責任者は、学校長である。

(2)就学時の健康診断の実施主体者は、教育委員会である。

(3)小学校の健康診断で被患率が最も高いのは、むし歯である。

中学校、高等学校の健康診断で被患率が最も高いのは、裸眼視力1.0未満である。

(4)心電図検査は、小学校(1年生)、中学校(2年生)、高等学校(3年生)で各1回行われる。

(5)麻しんによる出席停止期間は、解熱後3日を経過するまでである。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント