ホーム » 投稿 » 27-161 食事調査法に関する記述である。

27-161 食事調査法に関する記述である。

スポンサーリンク


27-161 食事調査法に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。
(1) 24時間食事思い出し法では、習慣的な食事内容の変更が生じやすい。
(2) 秤量法は、他の調査結果の精度を評価する基準とされる。
(3) 目安量法では、目安量と食品重量の標準化が必要である。
(4) 食物摂取頻度調査法は、集団内での摂取量のランク付けができる。
(5) 陰膳法では、日本食品標準成分表に収載されていない食品を評価できる。

解答・解説を見る

(1) 24時間食事思い出し法では、習慣的な食事内容の変更はされにくい。

(2) 秤量法は、他の調査結果の精度を評価する基準とされる。

(3) 目安量法では、目安量と食品重量の標準化が必要である。

(4) 食物摂取頻度調査法は、集団内での摂取量のランク付けができる。

(5) 陰膳法では、日本食品標準成分表に収載されていない食品を評価できる。

スポンサーリンク


関連記事