コンテンツへスキップ

25-108 行動変容段階モデルに基づいて、関心期(熟考期)から準備期へ変容段階を高める食生活支援に関する記述である。

    スポンサーリンク


    25-108 行動変容段階モデルに基づいて、関心期(熟考期)から準備期へ変容段階を高める食生活支援に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)今の食生活を続けた場合の自分の姿を想像し、大変だと不安を感じてもらう。
    (2)自分の食習慣が家族の健康に与える影響について、考えてもらう。
    (3)食習慣を改善すると、メリットが大きいことに気づいてもらう。
    (4)食習慣改善のサポートを家族に頼むように勧める。
    (5)菓子の代わりに、果物を食べることを提案する。

    解答・解説を見る

    正しい選択肢は、(3)食習慣を改善すると、メリットが大きいことに気づいてもらう。

    行動変容段階モデルは、無関心期→関心期→準備期→実行期→維持期というプロセスをたどる。
    それぞれの段階にあったアプローチをすることが重要である。

    関心期:行動を変えたいとはおもうがまだ具体的には考えていない。

    準備期:1か月以内に行動を変えようと準備している期間

    関心期から準備期への行動変容を高めるの食生活支援には、対象者ができそうな行動の目標を一緒に設定したり、行動変容によるメリットへの気づきを促す、セルフモニタリングの方法を伝えるなどして、行動の起こすきっかけづくりをすると良い。

    (1)今の食生活を続けた場合の自分の姿を想像し、大変だと不安を感じてもらう。
    → 無関心期→関心期へのアプローチである。

    (2)自分の食習慣が家族の健康に与える影響について、考えてもらう。
    → 無関心期→関心期へのアプローチである。

    (3)食習慣を改善すると、メリットが大きいことに気づいてもらう。

    (4)食習慣改善のサポートを家族に頼むように勧める。
    → 実行期→維持期へのアプローチである。

    (5)菓子の代わりに、果物を食べることを提案する。
    → 実行期→維持期へのアプローチである。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事