ホーム » 投稿 » 24-123 栄養状態の評価指標を示す臨床検査についての記述である。

24-123 栄養状態の評価指標を示す臨床検査についての記述である。

スポンサーリンク


24-123 栄養状態の評価指標を示す臨床検査についての記述である。正しいのはどれか。

 

(1) 血清アルブミン濃度は、一週間以内のたんぱく質合成能を反映する。

(2) 末梢血好中球数は、筋たんぱく質量を反映する。

(3) 血清レチノール結合たんぱく質濃度は、免疫能を反映する。

(4) 血清トランスフェリン濃度は、体脂肪量を反映する。

(5) 尿中3-メチルヒスチジン量は、筋肉たんぱく質異化量を反映する。

 

解答・解説を見る

 

(1)血清アルブミンは長期間のたんぱく質栄養状態と肝臓のたんぱく質合成能を反映する。

(2)末梢好中球は感染症や炎症を反映する。

(3)血清レチノール結合たんぱく質は短期間のたんぱく質栄養状態と肝臓のたんぱく質合成能を反映する。

(4)血清トランスフェリン濃度は短期間のたんぱく質栄養状態を反映する。

(5)尿中3-メチルヒスチジンは筋たんぱく代謝の代謝産物であり、筋たんぱく異化の程度を反映する

 

スポンサーリンク


コメント