ホーム » 投稿 » 24-122 身体徴候から栄養状態を推定することに関する記述である。

24-122 身体徴候から栄養状態を推定することに関する記述である。

スポンサーリンク


24-122 身体徴候から栄養状態を推定することに関する記述である。正しいのはどれか。

 

(1) 眼球結膜による黄疸の推定は、可能である。

(2) 皮膚症状による栄養状態の推定は、不可能である。

(3) 皮膚の緊張から脱水の推定は、不可能である。

(4) 毛髪による慢性的なエネルギー過剰摂取の推定は、可能である。

(5) 爪の変化による貧血の推定は、不可能である。

解答・解説を見る

 

(1)黄疸では皮膚や眼球結膜が黄染する。

(2)皮膚症状による栄養状態の推定は、可能である。

ビタミンA欠乏で皮膚乾燥やビタミンB2欠乏で脂漏性皮膚炎を認める。

(3)塩分欠乏型脱水ではツルゴール(皮膚の張り)が低下する。

(4)クワシオルコルでは脱毛が見られるが、過剰摂取については推定不可能である。

(5)鉄欠乏性貧血では爪が薄く弱くなり、高度になればスプーンネイル(匙状爪)を呈する。

 

スポンサーリンク


コメント