ホーム » 投稿 » 23-32 細胞の変性と死に関する記述である。

23-32 細胞の変性と死に関する記述である。

スポンサーリンク


23-32 細胞の変性と死に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

a 変性した細胞の機能は、回復することがない。
b クワシオルコル(kwashiorkor)では、肝細胞の脂肪変性をきたす。
c 心筋梗塞では、心筋の凝固壊死がみられる。
d ネクローシスは、プログラムされた細胞死である。

(1) aとb (2) aとc (3) aとd (4) bとc (5) cとd

解答・解説を見る

a 細胞は変性しても機能を回復させることができる。

b クワシオルコル(kwashiorkor)では、タンパク質の不足により肝細胞の脂肪変性をきたす。

c 心筋梗塞では、心筋の凝固壊死がみられる。

d アポトーシスは、プログラムされた細胞死である。
 ネクロ―シスは(壊死)、障害や炎症による細胞死である。

(1) aとb (2) aとc (3) aとd (4) bとc (5) cとd

 

スポンサーリンク


関連記事