ホーム » 投稿 » 23-35 疾患の診断・治療に関する記述である。

23-35 疾患の診断・治療に関する記述である。

スポンサーリンク


23-35 疾患の診断・治療に関する記述である。正しいのはどれか。
(1) C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法は、対症療法である。
(2) 脳死患者の脳波では、三相波がみられる。
(3) 自己血輸血は、重篤なアレルギー反応を起こす。
(4) 表皮にとどまる熱傷は、Ⅰ度熱傷である。
(5) 放射線に対する感受性の高いがんは、放射線治療が無効である。


× (1) C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法は、原因療法である。
× (2) 脳死患者の脳波は、平坦となる。
× (3) 自己血輸血は、アレルギー反応は起きない。
 
 (4) 表皮にとどまる熱傷は、Ⅰ度熱傷である。
× (5) 放射線に対する感受性の高いがんは、放射線治療が有効である。

スポンサーリンク


関連記事