ホーム » 投稿 » 36-5 疫学研究の方法に関する説明と名称の組合せである。

36-5 疫学研究の方法に関する説明と名称の組合せである。

スポンサーリンク


36-5 疫学研究の方法に関する説明と名称の組合せである。最も適当なのはどれか。1 つ選べ。

⑴ 特定の一時点において、曝露要因と疾病の有無との相関関係を分析する。——-横断研究

⑵ 現在の疾病の有無と過去の曝露要因の有無との関係について分析する。———ランダム化比較対照試験(RCT)

⑶ 現在、疾病A を有さない集団を追跡し、曝露要因の有無と疾病A の発生との関連を分析する。——–症例対照研究

⑷ 対象者を介入群と非介入群に無作為に分け、要因への曝露と疾病の発生との因果関係を検討する。——– コホート研究

⑸ 複数の分析疫学研究の結果を量的に総合評価する。——–生態学的研究

解答・解説を見る

⑴ 特定の一時点において、曝露要因と疾病の有無との相関関係を分析する。——-横断研究

⑵ 現在の疾病の有無と過去の曝露要因の有無との関係について分析する。——–―症例対照研究

⑶ 現在、疾病A を有さない集団を追跡し、曝露要因の有無と疾病A の発生との関連を分析する。——–コホート研究(前向き)

 

⑷ 対象者を介入群と非介入群に無作為に分け、要因への曝露と疾病の発生との因果関係を検討する。——– ランダム化比較対照試験(RCT)

⑸ 複数の分析疫学研究の結果を量的に総合評価する。——–メタアナリシス

スポンサーリンク


コメント

関連記事