ホーム » 投稿 » 36-6 疾病A の有病率が10% である1,000 人の集団を対象に、疾病A のスクリーニングテストを行った。

36-6 疾病A の有病率が10% である1,000 人の集団を対象に、疾病A のスクリーニングテストを行った。

スポンサーリンク


36-6 疾病A の有病率が10% である1,000 人の集団を対象に、疾病A のスクリーニングテストを行った。疾病A を有する者で陽性反応になった者は90 人、疾病Aを有しない者で陰性反応になった者は720 人となった。このスクリーニングテストの陽性反応的中度を求めた。最も適当なのはどれか。1 つ選べ。

⑴ 0.10

⑵ 0.33

⑶ 0.67

⑷ 0.80

⑸ 0.90

解答・解説を見る

正しいのは、⑵ 0.33

陽性反応的中度の計算の仕方

疾病
あり なし
検査 陽性 90 180
陰性 10 720

<計算式>

90/(90+180)=0.33

 

————————————

陽性反応的中度

疾病
あり なし
検査 陽性 A B
陰性 C D

陽性反応的中度は、検査で陽性となった者のうち、実際に疾病を有していた者の割合。

 

〔計算の仕方〕

A/(A+B)で求められる。

疾病あり検査陽性/(疾病あり検査陽性疾病あり検査陰性

スポンサーリンク


コメント

関連記事