コンテンツへスキップ

31-4 患者調査に関する記述である。

    スポンサーリンク


    31-4 患者調査に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

    (1)医療施設に通院・入院している患者に調査票を配布して実施される。
    (2)毎年実施される。
    (3)外来の受療率を推計できる。
    (4)総患者数では、糖尿病が最も多い。
    (5)病院の平均在院日数が最も長い傷病は、精神及び行動の障害である。

    解答・解説を見る

    (1)患者が記入することはなく、医療施設の管理者が調査事項について記入する。

    (2)3年に一回実施される。

    (3)外来の受療率を推計できる。

    <調査事項> 性別、出生年月日、患者の住所、入院・外来の種別、受療の状況、診療費等支払方法、紹介の状況、その他関連する事項


    <受療率>  推計患者数を人口10 万対であらわした数である。  受療率(人口10 万対)=推計患者数/推計人口×100,000患者調査

    (4)総患者数では、高血圧が最も多い。

    糖尿病の総患者数は、「高血圧」、「歯肉炎及び歯周疾患」に次いで3番目に多い。(平成26年10月時点)

    (5)病院の平均在院日数が最も長い傷病は、精神及び行動の障害である。

    参考

    *厚生労働省「患者調査」(http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/10-20.html)

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事