26-175 食事の提供業務を委託している病院が自ら実施しなければならない業務である。


26-175 食事の提供業務を委託している病院が自ら実施しなければならない業務である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 献立表の作成
(2) 献立表の確認
(3) 作業計画書の作成
(4) 食材の発注
(5) 調理従事者の勤務表の作成

解答・解説を見る

(1) 献立表の作成 委託可

(2) 献立表の確認 委託不可

(3) 作業計画書の作成 委託可

(4) 食材の発注 委託可

(5) 調理従事者の勤務表の作成 委託可

(1)、(3)、(4)、(5)はそれぞれ病院側が委託できる業務であるが、最終確認は病院が行う。


病院が自ら実施すべき業務


病院が自ら実施すべき業務、つまり病院が委託してはいけない業務は以下の通りです。
① 栄養管理
 病院給食運営の総括/栄養管理委員会の開催、運営/院内関係部門との連絡・調整/献立表作成基準の作成(治療食等を含む。)/献立表の確認/食数の注文・管理/食事せんの管理/嗜好調査・喫食調査等の企画・実施 /検食の実施・評価/関係官庁等に提出する給食関係の書類等の確認・提出・保管管理 )

② 調理管理
 作業仕様書の確認 (治療食の調理に対する指示を含む。)/作業実施状況の確認/管理点検記録の確認

③ 材料管理
 食材の点検(病院外の調理加工施設を用いて調理する場合を除く。)/食材の使用状況の確認

④ 施設等管理
 調理加工施設、主要な設備の設置・改修 (病院内の施設、設備に限る。)/使用食器の確認

⑤ 業務管理
 業務分担・従事者配置表の確認

⑥ 衛生管理
 衛生面の遵守事項の作成
 衛生管理簿の点検・確認
 緊急対応を要する場合の指示

⑦ 労働衛生管理
健康診断実施状況等の確認


*厚生労働省「医療法の一部を改正する法律の一部の施行について(http://ikss.net/med/data/hourei_h50215_98.pdf)より


問題・解説についてのお問い合わせ