コンテンツへスキップ

インスリンとホルモン感受性リパーゼの働きの関係

    スポンサーリンク


    1.ホルモン感受性リパーゼとは?

     ホルモン感受性リパーゼは、中性脂肪グリセロール脂肪酸に分解し、血中の遊離脂肪酸濃度上昇に関与する酵素。

     *中性脂肪は、トリアシルグリセロール(TG)とも言われます。

     

    2.ホルモンとの関係

      働きを促進するホルモンアドレナリン、グルカゴン、成長ホルモン、グルココルチコイド(糖質コルチコイド)など

      働きを抑制するホルモン インスリン

     

    3.国家試験過去問での出題例

    26-82 脂質の体内代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1) ケトン体は、肝臓でエネルギー源として利用される。

    (2) 血中の遊離脂肪酸は、アルブミンに結合して運搬される。

    (3) インスリンは、ホルモン感受性リパーゼの働きを促進する。
     *インスリンが働きを活性化させるホルモンは、「リポタンパク質リパーゼ」である。リポタンパク質リパーゼは、リポタンパク質中の中性脂肪(トリアシルグリセロール、トリグリセリドともいう)を分解し、細胞内への遊離脂肪酸の取り込みに関与する。

    (4) コレステロールは、エネルギー源として利用される。

    (5) LDLは、トリアシルグリセロールを含有していない。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事