コンテンツへスキップ

17-1 集団討議の方法とその説明の組合わせである。

    スポンサーリンク


    17-1 集団討議の方法とその説明の組合わせである。正しいのはどれか。

    (1) パネルディスカッション──討議の最も基本となる形式。主題にそって司会者を中心に参加者のみを対象として話し合う。
    (2) バズセッション──────著しく意見に相違のある問題を解決する時、それぞれに精通した講師で討議する方法。
    (3) ブレーンストーミング───独創性を開発する方法。1つの問題をあらゆる角度から検討し、短時間でアイデアを得る方法。
    (4) ロールプレイング─────人数、時間など制限せず活発に討議する小集団討議法。
    (5) フォーラム────────主題についてスピーカー相互が討議の後、聴衆からの質疑応答を受け司会者がこれをまとめる。

    解答・解説を見る

    (1) パネルディスカッション──著しく意見に相違のある問題を解決する時、それぞれ意見の異なる者同士で討議する方法。(数名の討論者による公開討論)その後、他の参加者も加え討論を進めていく。

    (2) バズセッション──────集団を小グループ(だいたい10人未満)にわけ、あるテーマについて自由に討論しあう。

    (3) ブレーンストーミング───独創性を開発する方法。1つの問題をあらゆる角度から検討し、短時間でアイデアを得る方法。

    (4) ロールプレイング─────参加者が割り当てられた役割を演じ、問題の解決方法を考える。

    (5) フォーラム────────主題についてスピーカー相互が討議の後、聴衆からの質疑応答を受け司会者がこれをまとめる。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事