コンテンツへスキップ

27-24(認定試験) 「日本食品標準成分表 2010」についての記述である。

    スポンサーリンク


    27-24(認定試験) 「日本食品標準成分表 2010」についての記述である。正しいのはどれか。

    (1)炭水化物は、水分、たんぱく質、脂質の合計を 100 g から差し引いた値である。
    (2)アルコールのエネルギー換算係数は、3.5 kcal/g である。
    (3)たんぱく質は、アミノ酸組成から求めた量も示されている。
    (4)食塩相当量は、ナトリウム量に 6.25 を乗じた値である。
    (5)食物繊維は、水溶性、脂溶性、総量で示されている。

    解答・解説を見る

    (1)炭水化物は、差し引き法によって求められている。
     100‐タンパク質-脂質-ミネラル-水分=炭水化物

    (2)アルコールのエネルギー換算係数は、7.1 kcal/g である。

    (3)たんぱく質は、アミノ酸組成から求めた量も示されている。

    (4)食塩相当量は、ナトリウム量に 2.54 を乗じた値である。

    (5)食物繊維は、水溶性、不溶性、総量で示されている。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事