食塩の小さじ、大さじの重量と塩分量(食塩相当量)はどれくらい?


スポンサーリンク

 

調理には欠かせない食塩に含まれる塩分量をご存じですか?
この記事では、食塩の大さじ1杯、小さじ1杯の重量と含まれる塩分量についてまとめます。


食塩の小さじ、大さじの重量と塩分量(食塩相当量)はどれくらい?

食塩に含まれる塩分量(食塩相当量)は何グラム?

食塩100gに含まれる塩分量(食塩相当量)は99.5gです。

実は、食塩は〔重量=塩分量〕ではなく、わずかに水分を含んでいます。

 ちなみに、食塩類の種類によってもわずかに異なり、100g当たりの食塩相当量は
・食塩 99.5g
・並塩 97.3g
 (並塩とは?:「塩化ナトリウム95%以上、苦汁分が0.7%程度含まれている、一般的な湿塩です。湿塩としては最も汎用性が高く、食塩同様一般的な食用塩です*²。」)
・精製塩(家庭用) 99.6g
・精製塩(業務用) 99.6g
となっています。

食塩の小さじ1(5ml)の重量は?

食塩の小さじ1の重量は、6gです。

 

食塩の大さじ1(15ml)の重量は?

食塩の大さじ1の重量は、18gです。

 

食塩小さじ1に含まれる塩分量は何グラム?

食塩小さじ1に含まれる塩分量は、約6gです。

計算式:99.5/100×6=5.97g 約6g

食塩大さじ1に含まれる塩分量は何グラム?

食塩大さじ1に含まれる塩分量は、約18gです。

計算式:99.5/100×18=17.91g 約18g

参考文献

*1 文部科学省,日本食品標準成分表2015年版,p218

*2 ダイヤソルト株式会社,並塩,https://diasalt.co.jp/product/29,2019年11月2日アクセス.

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント