コンテンツへスキップ

24-123 栄養状態の評価指標を示す臨床検査についての記述である。

    スポンサーリンク


    24-123 栄養状態の評価指標を示す臨床検査についての記述である。正しいのはどれか。
    (1)血清アルブミン濃度は、一週間以内のたんぱく質合成能を反映する。
    (2)末梢血好中球数は、筋たんぱく質量を反映する。
    (3)血清レチノール結合たんぱく質濃度は、免疫能を反映する。
    (4)血清トランスフェリン濃度は、体脂肪量を反映する。
    (5)尿中3-メチルヒスチジン量は、筋肉たんぱく質異化量を反映する。


    (1)血清アルブミン濃度は比較的長期間のタンパク質合成能(タンパク質栄養状態)を反映する指標で、静的栄養評価に用いられる。
     一週間以内のタンパク質合成能を反映するのはRTPといって半減期の短いタンパク質であり、動的栄養評価に用いられる。
     RTP(Rapid turnover protein)とは、肝臓で合成される半減期の短いタンパク質のことをいう。
    RTPは主にトランスフェリン(Tf)、レチノール結合蛋白(RBP)、トランスサイレチン(プレアルブミン、PA)の3種類がある。
    ※半減期とはある成分が、血中濃度が半減するまでの時間のこと

    (2)筋タンパク質量は、クレアチニンによって評価する。
     患者の24時間尿中クレアチニン排泄量を測定し、標準値の60~80%では中等度の栄養障害、60%未満では高度の栄養障害とする。
    (3)レチノール結合たんぱく質は、短期間のタンパク質栄養状態の評価指標である。
     免疫能を反映する指標には、末梢血総リンパ球数や遅延型皮膚過敏反応がある。
    (4)トランスフェリンは栄養状態の評価に用いられる指標で、半減期は1週間程度、鉄を輸送する役割がある。
     体脂肪量を反映する指標は、BMIや上腕三頭筋皮下脂肪厚(TSF)など。
    (5)尿中3-メチルヒスチジン量は、筋肉たんぱく質異化量を反映する。
    筋タンパク質が分解されると、尿中3-メチルヒスチジンの排泄量は増加する。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事