26-191,192 正常高値血圧の40~69歳の男性40名(降圧薬は服薬していない)を対象として、8週間の減塩教室を行った。


26-191,192 正常高値血圧の40~69歳の男性40名(降圧薬は服薬していない)を対象として、8週間の減塩教室を行った。教室開始前と終了後の血圧(収縮期血圧)を1回ずつ測定し、比較した。その結果、教室終了後の血圧が有意確率(危険率)5%で判断して、有意に低下した。

26-191 統計学的な解釈である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) この減塩教室後に血圧が低下したという結果が偶然である確率は、5%未満である。
(2) 参加者のうち、38名は血圧が低下したが、2名は低下しなかった。
(3) 参加者のうち、2名が降圧薬を必要とする状態となった。
(4) 他の集団で、この教室で用いた減塩プログラムを行うと、血圧が5%低下すると予想される。
(5) 他の集団で、この教室で用いた減塩プログラムを行うと、95%の確率で同じ結果が得られる。

26-192 この教室で用いた減塩プログラムの効果を、より適切に評価するための方策である。誤っているのはどれか。1つ選べ。
(1) 減塩指導を行わない群を設定する。
(2) ランダム化比較対照試験(RCT)を行う。
(3) 途中で脱落した人を解析対象から除外する。
(4) 教室開始前と終了後に行う血圧測定を1回から2回に増やす。
(5) 複数の集団において同様のことを試す。

解答・解説を見る

26-191 統計学的な解釈である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) この減塩教室後に血圧が低下したという結果が偶然である確率は、5%未満である。

 有意確率(危険率)とは、この統計で得られた結果(=血圧が有意に低下)が偶然である確率をしめす。

(2) 参加者のうち、38名は血圧が低下したが、2名は低下しなかった。

 有意確率5%=5%の者(2名)は低下しなかったという意味にはならない。

(3) 参加者のうち、2名が降圧薬を必要とする状態となった。

(4) 他の集団で、この教室で用いた減塩プログラムを行うと、血圧が5%低下すると予想される。

 他の集団で同様の結果となるかはわからないため誤りである。

(5) 他の集団で、この教室で用いた減塩プログラムを行うと、95%の確率で同じ結果が得られる。

 有意確率が5%だからといって、他の集団で95%の確立で同じ結果が得られるとは限らない。


26-192 この教室で用いた減塩プログラムの効果を、より適切に評価するための方策である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1) 減塩指導を行わない群を設定する。

 これを対照研究という。減塩指導を行う群を「実験群」、減塩指導を行わない群を「対照群」とする。

(2) ランダム化比較対照試験(RCT)を行う。

 ランダム化比較対象試験は、被験者を無作為(ランダム)に群分けするため、他の方法よりも妥当性や信頼性が高い。

(3) 途中で脱落した人も、解析対象とする。

(4) 教室開始前と終了後に行う血圧測定を1回から2回に増やす。

(5) 複数の集団において同様のことを試す。

 →再現性があることを試す。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント