23-123 傷病者の栄養管理における栄養必要量の算定についての記述である。


スポンサーリンク

23-123 傷病者の栄養管理における栄養必要量の算定についての記述である。正しいのはどれか。

(1) ハリス-ベネディクト(Harris-Benedict)の公式には、ストレス係数が用いられている。
(2) 寝たきり患者では、活動係数として1.0~1.2を用いる。
(3) たんぱく質制限食では、非たんぱく質エネルギーと窒素の比は80~100とする。
(4) 脂肪制限がなければ、脂肪はエネルギー比率を15%とする。
(5) 脱水時の1日水分補給量は、前日尿量+300 mLとする。

解答・解説を見る

(1) ハリス-ベネディクト(Harris-Benedict)の公式には、ストレス係数が用いられていない。
 ハリスベネディクトの公式は以下の通りである。
 男性 [BEE=66.47+13.75×体重(kg)+5.0×身長(cm) – 6.76×年齢)]
 女性 [BEE=655.1+9.56×体重(kg)+1.85×身長(cm) – 4.68×年齢)]

(2) 寝たきり患者では、活動係数として1.0~1.2を用いる。

(3) たんぱく質制限食では、非たんぱく質エネルギーと窒素の比は300~500とする。

(4) 脂肪制限がなければ、脂肪はエネルギー比率を20~25%とする。

(5) 脱水時の1日水分補給量は、健常人の1日の水分必要量(30㎖/㎏)+(欠乏量/3)とする。

問題・解説についてのお問い合わせ