ホーム » 投稿 » ワクチンの分類…死菌(不活化)、成分(コンポーネント)、弱毒性毒素(生ウイルス)・無毒化毒素(トキソイド)

ワクチンの分類…死菌(不活化)、成分(コンポーネント)、弱毒性毒素(生ウイルス)・無毒化毒素(トキソイド)

タグ:

スポンサーリンク


ワクチンの分類

 ワクチンには、成分の違いによって死菌(不活化)ワクチン、成分(コンポーネント)ワクチン、弱毒性(生ウイルス)ワクチン、無毒化(トキソイド)ワクチンがある。


 

 死菌ワクチン(不活化ワクチン)

 ポリオワクチン、日本脳炎ワクチン、狂犬病ワクチン、A型肝炎ワクチン、ワイル病ワクチンなどがある。

 成分ワクチン(コンポーネントワクチン)

 コンポーネントワクチンとは、感染防御抗原だけを取り出して精製したワクチンである。
 不活化ワクチンと比較すると同効果で少ない副作用という特徴がある。

 コレラワクチン、インフルエンザワクチン、百日咳ワクチン、B型肝炎ワクチンなどがある。

 弱毒性ワクチン(生ウイルスワクチン)

 BCG、風疹ワクチン、麻疹ワクチン、ムンプスワクチンなどがある。

 無毒化ワクチン(トキソイドワクチン)

 破傷風ワクチン、ジフテリアワクチンなどがある。

スポンサーリンク


関連記事