ホーム » 投稿 » 追試25-147 手術前後の栄養状態に関する記述である。

追試25-147 手術前後の栄養状態に関する記述である。

スポンサーリンク


追試25-147 手術前後の栄養状態に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) 手術前の低栄養状態は、手術後の感染症の発生率を低下させる。

(2) 手術前の低栄養状態は、手術後の栄養状態に影響を与えない。

(3) 手術により異化が亢進する。

(4) 手術により糖新生は低下する。

(5) 手術により尿素産生は低下する。

解答・解説を見る

 

ケガや病気など、生体を傷つけ、何らかの反応を引き起こす外的因子を侵襲という。麻酔や手術は侵襲が大きく、生体にダメージを与える。体は回復のために様々な反応をおこし、エネルギーを消費する。

 

(1) 手術前の低栄養状態は、手術後の感染症の発生率を上昇させる。

手術による侵襲があると、組織修復や生体防御などにエネルギーが必要である。しかし低栄養状態だとそれが不十分であるため、治癒が遅れ、感染症にもかかりやすくなる。

(2) 手術前の低栄養状態は、手術後の栄養状態に影響を与える

手術は侵襲が大きく、エネルギーを消費するため、手術前の栄養状態は術後に影響する。

(3) 手術による侵襲から回復するために、体は異化を亢進し、エネルギーを産生する。

(4) 手術により糖新生は増加する。

手術による侵襲から回復するために、体は糖新生を亢進し、エネルギーを産生する。

(5) 手術により尿素産生は増加する。

手術による侵襲から回復するために、体はタンパク質等も分解し、エネルギーを得る。タンパク質分解亢進によって尿素産生は増加する。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事