コンテンツへスキップ

病院で働く栄養士の仕事のやりがい「自分が考えた献立に対して、感謝の言葉をもらった時」(mogapin0606さん)

    スポンサーリンク



    自分が考えた献立に対して、感謝の言葉をもらった時


    投稿者:mogapin0606さん

    職種:栄養士

    現在病院で栄養士として勤務しています。

    主な仕事内容は、献立管理、発注管理を行っています。

     

    そんな私が栄養士として働いていてやりがいを感じるのが、やはり患者さんからお礼の言葉や手紙をいただいた時です。

    献立を立てるというのは非常に難しい仕事です。

    食材や味付け、現場の仕事量、納入価格などを気にしつつ、栄養価が過不足しないよう組み立てていかなければなりません。

    非常に大変なため、残業することもしばしばありますが、苦労して考えた献立に対して、患者さんからお手紙をもらうことがあります。

    そこには、【いつも栄養のことを考えてくれて、美味しい食事をありがとうございます】など、感謝の言葉があり、そういった手紙をもらうたびに頑張って良かったと感じます。

     

    食事は、入院生活の中では唯一の楽しみとも言われているため、その献立を考えることに対して、とてもやりがいをもって毎日仕事をしています。

     

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事