ホーム » 投稿 » 31-199,200 A市役所に勤務する管理栄養士である。大規模災害発生時の危機管理として…

31-199,200 A市役所に勤務する管理栄養士である。大規模災害発生時の危機管理として…

スポンサーリンク


次の文を読み「199」、「200」に答えよ。

 A市役所に勤務する管理栄養士である。大規模災害発生時の危機管理として、住民への食生活支援を担当する立場にある。20115年9月1日に発生した震度6強の地震により、9月7日現在、A市内では15の避難所に約3,000人の住民が生活している。すでに支援物資が届き始め、各避難所の避難者の特徴を把握し、巡回支援を行うところである。

31-199 自治体として行う各避難所への対応である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。
(1) 十分な量の主食を追加提供する。
(2) 市の職員が分担して、各避難所で炊き出しを行う。
(3) 乳児全員に、粉ミルクを提供する。
(4) 食事制限のある患者に対して、個別に食事への配慮を行う。
 
31-200 災害が発生する前の平時に行うべき自治体としての対応である。誤っているのはどれか。1つ選べ。
(1) 災害時対応マニュアルの中に、食生活支援の内容を盛り込む。
(2) 住民全員の3日分の食料を備蓄する。
(3) 災害時の要配慮者を把握し、リストを作成する。
(4) 食品流通・販売企業との連携協定を結ぶ。
(5) 炊き出しへの対応可能なボランティア団体に協力を依頼しておく。

解答・解説を見る

31-199 自治体として行う各避難所への対応である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(4) 食事制限のある患者に対して、個別に食事への配慮を行う。

 自治体は、災害発生前から要援護者の把握をしておくことも重要である。そして、実際に災害が発生した場合にはそれらに対する対応を行う。
 
31-200 災害が発生する前の平時に行うべき自治体としての対応である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(2) 住民全員の3日分の食料を備蓄する。

 →自治体は、住民に対し、救援物資までが届くまでにかかる数日間に備え、最低でも3日分の食料を備蓄しておくように働きかける。

スポンサーリンク


コメント

関連記事