自宅で勉強に集中して効率よく学ぶための7つのコツ


画像:People vector created by pch.vector – www.freepik.com

自宅では、慣れた環境で快適に勉強することができますが、その一方で自宅には勉強の邪魔物がたくさん存在します。

自宅では自由に勉強できるのと引き換えに、自由にテレビを見たり、昼寝をしたり、スマートフォンを開いてSNSを見たり…と他のことをすることで勉強を中断することもできてしまうのです。

そして、それらは勉強の目標達成を邪魔する大きな敵となります。

しかし、これらと戦い、勉強を成功させるためのコツがあります。

この記事では、自宅での勉強における集中力を高め、より効率的に勉強を進めるための7つのコツを紹介します。

 


 

自宅で集中して効率よく勉強するための7つのコツ

 

勉強する前に雑用を済ませておこう

via GIPHY

 

「先生にメールの返事を送らなきゃ」、「親から頼まれていた部屋の掃除をまだしていない…」

このような、他の何らかの用事が頭の中に残っていると勉強への集中を邪魔する要因になります。

勉強を始める前に、このような勉強と関係のない用事は済ませておきましょう。

 

勉強のスケジュールを立てよう

via GIPHY

 

その日一日に何をどれくらい勉強するか、スケジュールを立てておきましょう。

これはとくに複数の科目を勉強しないといけないときに効果的です。

勉強する時間に加えて、休憩の時間も計画しておくことで、より効率よく勉強を進めることができるでしょう。

 

しっかりと睡眠をとろう

via GIPHY

 

少なくとも1日7~8時間の睡眠をとりましょう。

十分な睡眠は、勉強した内容を脳に定着されるだけではなく、新しいことを学ぶための準備にもなります。

夜遅くまで勉強したい気持ちを抑えて、しっかりと睡眠をとることはさらに効率の良い勉強につながります。

 

効果的な時間に勉強しよう

via GIPHY

ある人にとっては午前のほうが勉強に集中できる一方で、ある人にとっては午後の方が勉強に集中できます。

夜寝る前が一番集中できるという人もいますし、朝起きてすぐが一番集中できるという人もいます。

このように、人によって効率的に勉強できる時間は異なります。

自分にとって最も集中できる時間を見極め、その時間を使って積極的に勉強しましょう。

逆に、集中できない時間は無理に勉強せずにリフレッシュの時間とすることで、勉強の効率を高めることができます。

 

勉強する場所を工夫しよう

まずは自分が勉強に集中できる場所を確保しましょう。

そして、その勉強スペースを整理して自分が最も勉強しやすい環境にデザインしましょう。

例えば、必要な文房具はすぐ手の届く場所に置く、机の上の余分な物を片付けて広々と勉強できるようにする、スマートフォンはマナーモードにして気が散らないようにするなどいろいろな工夫ができます。

 

食事を規則正しくとろう

via GIPHY

 

勉強に集中しすぎて、食事をすることを忘れないように注意しましょう。

ベストなコンディションで勉強するためには、食事をとりエネルギー補給することが欠かせません。

お腹がぐーと鳴っているようなときに集中することはとても難しいので、

できる限り食事は1日3回とりましょう。

 


 

自宅で時間を効率よく使って勉強しよう

自宅は、最も快適に集中して勉強できる場所であるはずなのですが、

最も簡単に勉強を中断できてしまう場所でもあります。

しかし、工夫次第でそれらを取り払うことが可能です。

そのために、これらのコツをぜひ一度試してみてください。

 


問題・解説についてのお問い合わせ

関連記事一覧

コメント