32-82 水の出納に関する記述である。

スポンサーリンク

32-82 水の出納に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)栄養素1g当たりの代謝水は、脂質が最も少ない。
(2)不可避尿量は、摂取した水分量に影響される。
(3)不感蒸泄では、水のみが失われる。
(4)1日に必要な水分摂取の最低量は、不可避尿量と随意尿(可避尿)量の合計である。
(5)低張性脱水では、電解質を含まない水を補給する。

解答・解説を見る

(1)栄養素1g当たりの代謝水は、脂質が最も多い。

 代謝水は、糖質で0.56ml、脂質で1.05ml、タンパク質で0.41mlである。一日に300ml程度生成される。

(2)不可避尿量は、摂取した水分量に影響されない。

(3)不感蒸泄では、水のみが失われる。

(4)1日に必要な水分摂取の最低量は、不可避尿と不感蒸泄、便から失われる水分量から代謝水で得る分を差し引いた、およそ1200mlである。

 必要最低限の水分量=不可避尿+不感蒸泄+便中水分量-代謝水

(5)低張性脱水では、水よりも電解質が多く失われているため、電解質を含む水を補給する。

コメント