31-95 K介護保険施設に勤務する管理栄養士である。デイサービス利用者の食事指導を実施している。


スポンサーリンク

31-95 K介護保険施設に勤務する管理栄養士である。デイサービス利用者の食事指導を実施している。対象者は、76歳、女性。身長150cm、体重42kg、BMI18.7kg/m2。この1年間で体重が2kg減少した。最近、歩行速度が遅くなり、疲労感が強くなった。この利用者に対して、食事バランスガイドを用いて普段の食生活をたずねた。特に留意すべき料理区分として、最も適切なのは何か。

(1)主食
(2)主菜
(3)副菜
(4)菓子・嗜好飲料

解答・解説を見る

(2)主菜

 疲労感が強くなったことや歩行速度が遅くなったという女性の訴えから、

 たんぱく質源となる主菜の積極的な摂取によって、体力の維持と増進をめざしたい。

 高齢者では、たんぱく質の消化吸収率が低下しており、フレイルやサルコペニアの予防の観点からも十分なたんぱく質摂取が必要である。

 体重が減少しているため、エネルギー摂取量の不足の可能性も考えられ、主食の摂取にも留意が必要であるが1年間で2kgと体重減少はそれほど急ではないため最も適切であるのは(2)主菜と考えられる。

問題・解説についてのお問い合わせ