29-189 給食業務従事者に対するOJT (on the job training)に関する記述である。


29-189 給食業務従事者に対するOJT (on the job training)に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)成果は指導者の能力に影響されない。
(2)継続的な教育が可能である。
(3)個人に対応した目標は設定できない。
(4)日常の業務を休まなければならない。
(5)内容が日常業務に結びつかない。

解答・解説を見る

 OJTとOFF-JT

 OJT
 メリット…低コスト、時間の無駄が少ない。個別指導が可能
 デメリット…指導者が固定されないことがある。日常業務が優先されやすい。系統的な教育は難しい。

 OFF-JT
 メリット…専門家による指導。大人数で効率的に学べる。進行状況がわかりやすい。
 デメリット…高コスト。業務外の時間が必要。日々の業務とリンクしない可能性がある。


(1) 指導者の能力に影響される。

(2) 継続的な教育が可能である。

(3) 個人に対応した目標が設定される。

(4) 日常の業務の中で指導を受けることができる。

(5) 内容は日常業務と関係する。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント