25-22 たんぱく質の構造と機能に関する記述である。


スポンサーリンク

25-22 たんぱく質の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) インスリン受容体は、ホスファターゼ活性をもつ。
(2) プロインスリンは、1本のペプチド鎖からなる。
(3) IgGは、5量体である。
(4) 筋収縮は、ミオシンの短縮によって起こる。
(5) アンギオテンシンⅡのペプチド鎖は、アンギオテンシンⅠより長い。

解答・解説を見る

(1)インスリン受容体はホスファターゼ活性は持たない。

(2)プロインスリンは、1本のペプチド鎖からなる。

(3)IgGは単量体である。IgMは5量体である。

(4)筋収縮はアクチンとミオシンの相互作用によって起こる。

 ミオシンフィラメントの間に、アクチンフェラメントが滑り込むことにより筋収縮が起こる。
 太さとしては、アクチンフィラメントよりもミオシンフィラメントの方が太い。

(5)アンギオテンシンⅡのペプチド鎖は、アンギオテンシンⅠより短い